コラーゲン生成|美容外科で余分な脂肪を取り除くことによって細くなる

美容外科で余分な脂肪を取り除くことによって細くなる

コラーゲン生成

カウンセリング

見た目が若くなります

頬のたるみは顔の中心起こるために、自分が見ても他人が見ても顔が老けて見える原因となります。頬のたるみを解消するだけで何歳か若返って見えます。 頬のたるみにはいくつかの原因がありますが、美容外科でアプローチできるものには、皮膚のたるみと脂肪のたるみがあります。皮膚のたるみは文字通り加齢や紫外線などの影響で皮膚がたるんでしまうものです。たるみは高周波治療器などを使い真皮層に働きかけることで解消します。真皮層のコラーゲン組織を熱で収縮させ引き締まます。皮膚に傷をつけることなく、ダウンタイムも必要ありません。さらに熱で傷ついた組織は修復能力を発揮してコラーゲンを生産するため、肌が美しくなり、今後のたるみにも対応しています。頬のたるみを解消することで見た目年齢を5歳から10歳若くします。

新しい方法があります

頬のたるみの治療は難しいものでした。顔の中心からこめかみにかけてのミニリフトという切るリフトアップ術がありますが、頬骨の出ている東洋人にはあまり効果がないと言われてきました。実際に顔全体に切るリフトアップを行っても、頬のあたりは糸を使ったリフトアップで補う必要がありました。また、頬の脂肪だけが下がっているたるみの場合には、頬の内側の脂肪を除去する手術が行われています。 現在頬のたるみ治療として、糸で引き上げる方法やレーザーなどの機械を使用した方法があります。これらは傷を作らず頬のたるみを引き上げることができる方法で、人気が高くなっています。 糸を利用した頬のリフトアップは、昔からありましたが、糸の改良が進み、優れた弾力性をもつ糸を使用するため、不自然なこわばりがなくなりました。さらに異物も入れず、頬に外側からアプローチする高周波治療器も普及し、人気が高まっています。